株式会社フェイス

25th

IRポリシー

IR活動における基本姿勢

当社は「透明性」「公平性」「適時性」を基本姿勢として、経営者自らが株主・投資家・機関投資家及びアナリスト等に対して、当社の業績や将来性に関する情報を発信し、理解を得る為に、積極的なIR活動に取組んでまいります。

適時かつ積極的な情報開示

当社は、重要な会社情報に関して、東京証券取引所等の定める適時開示等に関する規制に則り、速やかに公表いたします。また発表する対象者によって情報の格差が出ないよう公平性の確保に努めます。また、適時開示規則に該当しない情報についても、株主・投資家・機関投資家・アナリストなどの需要に応えるべく、公平かつ積極的な開示に努めてまいります。

情報開示の手段

当社は、適時開示規則に該当する情報を開示する場合には、同規則に沿って、事前に当該情報の内容を東京証券取引所に説明し、同取引所のTDnet (Timely Disclosure network 適時情報開示情報伝達システム)にて開示するとともに、プレスリリースにて発表を行います。

ウェブサイトでの情報開示

当社では、できるだけ多くの株主・投資家の皆様に適時かつ同質の情報が行き渡るように、インターネットによる情報発信の充実を図ってまいります。また、TDnetにおいて開示された情報については、当社ホームページに掲載しております。また、適時開示規則に該当しない開示情報についても、適時、当社ホームページへの掲載に努めてまいります。