行動基準Compliance

フェイス・グループ・コンプライアンス行動基準

フェイス・グループでは、著しく変化する社会や経済の環境のなかで、常に社会から信頼される企業集団となるためには、法令、社会的規範を遵守するだけでなく、高い倫理観に基づき、社会的良識に従って行動すること、すなわちコンプライアンスの確立が不可欠であると考えています。

このため、フェイス・グループは、フェイス・グループの役員・従業員の一人ひとりがその職務遂行の過程で守るべき基準として、ここに「フェイス・グループ・コンプライアンス行動基準」を定めるとともに、この「フェイス・グループ・コンプライアンス行動基準」に従った企業行動の実施を確保するため、「コンプライアンス委員会」を設置し、遵守事項の周知徹底、助言、指導などの活動を行います。

法令・社会規範の遵守

私たちは、業務にかかわる法令、社会規範および社内規則を守ります。具体的には次のように行動します。

  1. 業務遂行上必要な法令その他のルールを十分理解し、認識したうえで業務を遂行します。
  2. コンプライアンスとは、その責任者や担当者だけが取り組むものではなく、私たち一人ひとりが主体的に取り組まなければならないことです。一部の顧客のためにルールを無視してもよいということはなく、表面的には法令その他のルールを守っているように見えて実態はそうではないというような脱法的な行為を行いません。
  3. コンプライアンスが業務遂行の基礎であり、前提条件であることを十分に認識し、日々の業務に取り組みます。判断に迷うことがあれば、所属長、担当部門または「コンプライアンス委員会」に相談します。

反社会的勢力への対応

私たちは、社会の秩序や安全をおびやかす反社会的勢力に対しては、毅然とした態度で対応し、一切関係を持ちません。具体的には、次のように行動します。

  1. 取引に際し、相手方が反社会的勢力であるかどうかについて、常に通常必要と思われる注意を払うとともに、反社会的勢力とは知らずに何らかの関係を有してしまった場合には、すみやかに関係を解消します。
  2. 反社会的勢力からの不当要求に対して、組織全体で毅然とした態度で対応します。このような場合には、ただちに所属長、担当部門または「コンプライアンス委員会」に相談するか、内部通報制度によって会社に知らせます。
  3. フェイス・グループは、反社会的勢力に対応する役員・従業員の安全を確保し、事案を隠蔽するための裏取引を絶対に行いません。

公正かつ自由な競争の維持・促進

私たちは、自由で公正な取引ルールを尊重し、談合その他の不公正な取引慣習を排除します。具体的には、次のように行動します。

  1. 入札や見積もり合わせ、または競合する市場において、同業の他社と、共同で受注者や価格を決めたり、価格、数量その他の取引条件に関する情報を交換したりする行為を行いません。
  2. 取引先との間で、販売価格の維持、販売地域の制限その他の公正競争を制限する合意、取り決めを行いません。
  3. 取引先に対して優越的な地位にあったとしても、その地位に乗じて、取引先に不当な負担を負わせるような要請は行いません。
  4. 事業を遂行する各国・地域において適用される、公正な取引に関するすべての法令その他のルールを守ります。

人権の尊重

私たちは、人権を尊重し、不当な差別やハラスメントの発生防止に取り組みます。具体的には、次のように行動します。

  1. 社内では、他の従業員の人格を尊重し、セクシャル・ハラスメントやパワーハラスメントを行わず、そのような誤解、疑義を与えるような言動を慎みます。
  2. 求人、雇用、研修、昇進およびその他の応募者または従業員の取り扱いについて、人種、宗教、国籍、性別、年齢、信条、障害またはその他のビジネス上の正当な利益と関係のない要素に基づく差別を行いません。
  3. 雇用、人事、賃金、労働時間に関する労働関係法令・社内規則を守り、健全な労働環境を維持します。

適切な情報開示

私たちは、提供する商品・サービスの内容、会社およびグループの経営情報について正しく開示し、説明します。具体的には、次のように行動します。

  1. 株主、投資家はもとより、幅広いステークホルダーとの対話を行うことにより、社会の支持と信頼を得ることに努めます。
  2. 関係法令および社内規則、手続にしたがって適切な会計処理を行い、フェイス・グループの財務内容や事業活動状況等の経営情報を適時に適切な方法で開示し、経営の透明性を守ります。
  3. 新聞、雑誌、ラジオ、テレビおよびインターネット等のメディアや証券アナリスト等への情報提供は、多くの場合、会社の公式見解として解釈され、そのように公に伝達されます。明確かつ正確な情報を提供するためには、社内規則、手続にしたがって広報等の担当者が適切に対応します。

適切な情報管理

私たちは、業務上知り得た個人情報および秘密情報について、関連する法令、ガイドラインおよび社内規則に従い適切に取り扱います。具体的には、次のように行動します。

  1. 業務上知り得た個人情報および秘密情報は、社外への流出はもちろん、社内においても社内規則、手続にしたがって厳重に管理し、在職中のみならず退職後においても第三者に漏洩せず、自己や他人のために使用しません。
  2. 業務上知り得た個人情報および秘密情報は、その業務の目的にのみ使用し、目的外の使用を行いません。
  3. 業務上知り得た個人情報および秘密情報は、特に不注意による漏洩を防ぎ、公共の場所での会話や通話において話題にせず、社内のシステムで取り扱う場合、ID・パスワードの管理、データのバックアップおよびウイルス、ハッカーへの対策を講じます。

インサイダー取引の禁止

私たちは、業務上知り得た未公開の重要情報を利用してインサイダー取引を行いません。具体的には、次のように行動します。

  1. 上場会社またはその子会社に関する未公表の重要事実を知った場合、それが公表されるまで秘密に保持し、その会社の株式その他有価証券の売買は行いません。
  2. 上場会社またはその子会社に関する未公表の重要事実を自己の家族、友人等に教え、その会社の株式その他有価証券の売買を誘発する行為は行いません。

公私の区別および利益相反行為の禁止

私たちは、業務遂行にあたって常に公私の別を考えて行動し、会社の資産や経費を会社の利益に反して使用しません。具体的には、次のように行動します。

  1. 会社の立場と私的な個人の立場を明確にし、社内に私的関係を持ち込んだり、社外に組織の立場を持ち込みません。また、会社の財産を大切に取り扱い、個人的に流用しません。
  2. 会社の就業時間中に、業務と関係のない個人的な活動を行いません。
  3. 自己または第三者の利益のために、会社の利益が損なわれることがないように行動します。また、会社における地位を、会社以外の第三者の利益のために利用しません。

接待等の制限

私たちは、業務に関して、社会通念の範囲を超える贈答・接待を行ったり、受けたりしません。具体的には、次のように行動します。

  1. 取引先とは節度のある関係を保ち、贈答・接待は社会常識の範囲にとどめ、個人あての贈答は受け取りません。
  2. 公務員、政治家等と健全な関係を保ち、法令に抵触する贈答・接待を一切行いません。

報告・相談

私たちは、この「フェイス・グループ・コンプライアンス行動基準」を含む社内規則に違反し、または違反するおそれのある行為を発見した場合、これを隠蔽、黙認せず、「コンプライアンス委員会」にすみやかに報告・相談し、または内部通報制度によって会社に知らせます。また、私たちは、報告・相談した役員・従業員の秘密を厳守し、報告・相談および事実調査に協力した役員・従業員に対し不利益な取り扱いを行いません。

Top of this page