株式会社フェイス

25th

プレスリリース

フェイス、アソビシステムホールディングス
新しい体験や価値を創造する合弁会社を設立

株式会社フェイス(代表取締役社長 平澤 創、本社:京都市中京区、証券コード:4295 東証一部、以下:フェイス)とアソビシステムホールディングス株式会社(代表取締役 中川 悠介、本社:東京都渋谷区、以下:アソビシステム)は、新たなエンターテインメントの発信拠点となる場所のプロデュース、エンターテインメント施設の企画、運営、コンサルティング事業を行う合弁会社「株式会社ワクワクワークス」を設立しました。

1. 合弁会社設立の背景および趣旨

2020年に向け、日本のさらなる経済成長を見込み、さまざまな取り組みが行われています。特に、一昨年の改正風営法の施行や、本年7月のIR(統合型リゾート)実施法の成立等の動きに連動した、インバウンド観光やコンテンツ産業を中心とした巨大な潜在市場としての「ナイトタイムエコノミー」は、これまで法律により営業時間や業態が制限されていた、飲食やエンターテインメントの新たな市場を生み出す原動力として期待されています。

このような環境のもと、日本独自の文化である“HARAJUKU CULTURE”に焦点をあて、国内外へ大きく発信力を持つアソビシステムと、音楽をはじめとするコンテンツ流通に必要な様々な機能を有するフェイスが「音楽で新たなカルチャーが生まれる大人の社交場」をテーマに、日本の新しいエンターテインメント・カルチャーの創出を共同展開すべく合弁会社を設立しました。

アソビシステムの企画力、店舗運営、プロデュース力に加えて、フェイスのコンテンツ流通のしくみや音楽・エンターテインメントサービスのプラットフォーム構築技術をもって、大都市圏から地方を含め、これまで国内では実現していなかった観光コンテンツの創造と総合的なプロデュースを行い、新たな市場拡大を図ってまいります。

なお、株式会社ワクワクワークスの第一弾プロジェクトとして、今秋、東京・銀座一丁目の「キラリトギンザ」12階~ルーフトップに、2フロアからなるミュージックラウンジ「FUJIYAMA」をオープンいたします。 「FUJIYAMA」の詳細については、後日改めてお知らせいたします。

2. 合弁会社の概要

商号 株式会社ワクワクワークス
代表者 代表取締役社長  中川 悠介
代表取締役副社長 中西 正人
本店所在地 東京都港区
設立年月日 2017年5月15日
主な事業内容 クラブ等エンターテインメント施設の企画、運営およびコンサルティング業務
資本金 2,500万円
決算期 3月
株主構成 フェイス・グループ
アソビシステムホールディングス株式会社
企業サイト https://wwworks.co.jp/

■フェイス (東証一部 :証券コード 4295) http://www.faith.co.jp/

フェイスは、世界で初めて携帯電話の「着信メロディ」を考案・実用化し*、日本発の新しい文化として世界約100ヵ国で定着させるなど、創業期よりコンテンツ流通のしくみ創りに取り組んでいます。「あるものを追うな。ないものを創れ。」の企業理念の下、日本コロムビアをはじめ流通プラットフォームに必要な機能を有するグループ各社を傘下とし、コア・コンピタンスである「音」を柱に、エンターテインメント、教育、ライフなどの分野でグローバルに事業を展開しています。今後もフェイス・グループは、音楽をはじめとしたコンテンツ流通システムの構築、配信・販売にわたるソリューションを提供し、社会にとって価値ある市場・文化を創造してまいります。(*当社調べ)

■アソビシステムホールディングス株式会社 http://asobisystem.com/

ブームを作ることよりも、カルチャーを創る。今の時代に発信すべき「アソビ」をもっと。
ASOBISYSTEMは、日本独自の文化である“HARAJUKU CULTURE”に焦点をあて、ファッション・音楽・ライフスタイルといった、原宿の街が生み出すコンテンツをサポートして成長させ、国内はもとより、世界に向けて発信するための活動をしています。原宿を拠点にアーティスト・クリエイター・モデルのマネジメント、音楽フェス・クラブイベントなど様々なイベントの開催、メディア運営、店舗運営、インバウンド事業など、国内外で幅広く展開するカルチャープロダクションです。


※本リリースに記載している会社名、製品名は、各社および各団体の商標または登録商標です。

PDF版はこちらから