フェイスグループ新卒採用サイト

PROJECT #日本の夜を盛り上げる人 #エンターテインメントの発信地 #店舗、場所の運営の仕事

エンターテインメントを生み出す「場所の創造」とは?

デジタル化が進む今こそ、エンターテインメントに実際に触れて、楽しむ「場所を創る」ことが重要。

都内最大級のミュージックラウンジ「PLUSTOKYO」(ワクワクワークス運営)や、音楽をテーマとした公共施設「道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣」(指定管理者制度による日本コロムビア受託運営)など、場所の創造にも力を入れるフェイス・グループ。なぜ、いま、場所を創ることに積極的に取り組むのか、事業の担当取締役である中西専務に聞きました。

フェイス・グループが「場所を創る」理由

まず、ここ数年の傾向についてですが、年々訪日観光客が増えており、また「働き方改革」や「人工知能(AI)の実用化」など、今後も私たちを取り巻く環境はますます変わっていくでしょう。人は生きていく上で、「心の豊かさ」を求めます。音楽をはじめ、エンターテインメントを提供する会社だからこそ、人の心を豊かにしていくことについても常に真剣に向き合い、仕掛けをしていきたいと思っています。

新たなコミュニティーが生まれるきっかけを創る

テクノロジーの進歩により、インターネットを通して世界中のいろいろな情報にアクセスができ、遠く離れていても国や言葉の壁も超えてリアルタイムにコミュニケーションを取ることができます。そんな便利な時代だからこそ、逆に人が集まるリアルな場所を創ることで、ライブ感のある「熱」を感じながら新しい発見や人との出逢いを通して、未知の化学反応が起きる可能性が秘められていると感じます。

「あるものを追うな、ないものを創れ。」という理念を追求するフェイス・グループとして、新たなコミュニティーが生まれる場所を創ることで、次に繋がる可能性を生み出していきたいと考えています。

またその場所ではグループが持つコンテンツを活用し、日本で最初のレコード会社である日本コロムビアの三味線や篠笛などの伝統音楽とHip HopレーベルのKSRのアーティストがコラボした今までにないJapaneseコンテンツによるショーなど、インバウンドで訪れた外国人観光客の方々にも楽しんで頂けるような日本ならではの音楽や多彩なエンターテインメント・コンテンツを発信していきたいと考えています。

エンターテインメントを体験できる場を創り、心を豊かにする「機会」や「繋がり」を私たちならもっと提供していけるのではないか、という想いで場所づくりをしています。

東京、銀座で一昨年末オープンした都内最大級のミュージックラウンジ「PLUSTOKYO」は、非日常が体験できるイベント空間はもちろん、日常のレストラン営業でも、フロアにはDJがいて食事をしながら音楽を楽しむことができ、店内入り口には、旬なアートと音楽を組み合わせることができるアートギャラリーを設けた、新機軸のエンターテインメント施設となっています。

音楽とアートやフードも組み合わせた複合的なクリエイティブ空間を創ることにより、これまでになかった新しいカテゴリーの店舗として、集う人たちがインスピレーションを得ることができ、触発し合い、化学反応を起こし、新たなアイディアやビジネスの発端にあたるようなものを生み出していく、ソーシャライズな場を創りたいという想いを具現化させた場所です。

音楽業界でもライブ・エンターテインメントの売り上げが大きく伸びており、ユーザーの欲求が「モノを消費する」から「体験するコト」へ移行している中で、CDやデジタル配信だけではなく、ロケーションを絡めた流通が必要となってきています。
やはり「場」が持つ意味は大きいと考えており、今後、「PLUSTOKYO」は文化発信拠点へ熟成・昇華させたいと考えています。

また、エンターテイメントを発信するだけでなく、これまで培った仕組みとリアルな場所の音楽ビジネスのエコシステムを構築することで、次世代アーティスト輩出やエンターテインメント・ビジネスにかかわる技術者やスタッフを育成するスクール事業なども行い、持続的にエンターテイメントを生み出す仕組みの創造にもつなげていきます。

さらに、フェイス・グループ以外の場所でも我々の仕組みやノウハウを活かしたエンターテインメントを提供していく為に、例えば、公共施設では自治体と連携することで、誰にでも楽しんで頂けるエンターテインメントの創造や、日本でも今後の誘致が予定されている統合型リゾート施設(IR)では、食も含めた新しいエンターテインメントが楽しめる場所を創造するなど、様々な展開をしていきたいと考えています。

これからの未来に向け、「心の豊かさ」が求められる時代に何ができるのか。自分たちの手でゼロから創り上げようという想いを持った方と、是非一緒に働きたいです。


  • 「PLUSTOKYO」銀座にオープンした都内最大級のミュージックラウンジ。音楽を軸に新しい遊び方を提案するエンターテイメントの発信地

  • コロッケミミックトーキョーものまねタレントのコロッケ氏がプロデュースした多彩なショーやパフォーマンスが楽しめるライブ・エンターテインメント施設

  • 「道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣」観光名所の旅の起点となることを目的に設置された道の駅日光にて「音楽」をテーマにした日光市の公共施設「日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館」を運営

  • 池袋西口公園(GLOBAL RING)野外劇場としてリニューアルオープンした「池袋西口公園(GLOBAL RING)」にて、本格的なクラシックを中心としたコンサートプログラム「TOKYO MUSIC EVENING "Yūbe"(ユーベ)」を定期的に開催

backBACK