フェイスグループ新卒採用サイト

PEOPLE 最強の音楽メディアをつくる人 #五感を揺さぶる音楽メディア #メディア運営の仕事

戦略的に音楽の届け方を考え、最強のメディアをつくる。

2012年中途入社

現場の熱を体感しながら事業を俯瞰的に見つめる。

ジャパンミュージックネットワーク社が持つ音楽メディアやEC事業(物販やチケット)の部門で、代表や各編集長が描くミッションとビジョン作りのサポート、およびそこからのストラテジーの立案と遂行を行っています。また事業にともなう部門の予算、リソースの管理も行っています。
少数精鋭のチームでアーティストにまつわるほとんどの業務に携わるため、スケジュールが立てにくい仕事ですが、企画から携わったイベントに出演したアーティストの姿や来場されたお客様の喜ぶ姿を間近で見て、熱を感じる事が出来るのはこの業務の醍醐味だと思います。

音楽を広めるためのデータプロバイダとしてメディアのもつ可能性を広げたい。

将来の夢は音楽メディアを広告媒体としての役割だけではなく、フェイス・グループをはじめとするレコード会社やプロダクションにとってのデータプロバイダ=HUBにしていくこと。
媒体を通して取得したデータを基盤として、プロモーションやマーケティングのサービスを提供することで、レコード会社やプロダクション、更にはインディペンデントなアーティストが届けたいものをしっかりと広められるようにしたいです。
結果としてコンシューマは新しいアーティスト・音楽を体験することができる。
そんな新しいコミュニケーションの形を生み出せるメディアとして未来をつくっていきたいです。

自分自身のロードマップを意識して夢を実現させよう。

学生時代から「最強のメディアをつくりたい」と割と真剣に志していました。そして今、フェイス・グループで「最強の音楽メディア」をつくれるチャンスに恵まれています。これをビジネスとして成立させ、そしてサービスとしてつくり上げることはものすごく大変です。でもそれ以上に楽しいしやりがいがあります。
「こうしたい」という思いは自身の成長のエンジンに、そして会社の成長のエンジンにもなります。すでに思いがある人はその思いを大切に、まだ見えないという人も焦らずそういう思いが持てるような就職活動ができると良いと思います。

backBACK